2870円,X脚,足底板,足底板,リフリーラ,リフリーラ,kaatsu-b-fit.com,内股,ソール,靴 , 靴ケア用品・アクセサリー , インソール・中敷き,X脚,インソール,中敷,中敷,【X脚補正】,/monoid1253584.html,インソール X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 内股 卓抜 ソール X脚補正 2870円 X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 【X脚補正】 リフリーラ インソール X脚 内股 ソール 中敷 足底板 靴 靴ケア用品・アクセサリー インソール・中敷き 2870円 X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 【X脚補正】 リフリーラ インソール X脚 内股 ソール 中敷 足底板 靴 靴ケア用品・アクセサリー インソール・中敷き 2870円,X脚,足底板,足底板,リフリーラ,リフリーラ,kaatsu-b-fit.com,内股,ソール,靴 , 靴ケア用品・アクセサリー , インソール・中敷き,X脚,インソール,中敷,中敷,【X脚補正】,/monoid1253584.html,インソール X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 内股 卓抜 ソール X脚補正

X脚 インソール 中敷 足底板 お得 リフリーラ 内股 卓抜 ソール X脚補正

X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 【X脚補正】 リフリーラ インソール X脚 内股 ソール 中敷 足底板

2870円

X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 【X脚補正】 リフリーラ インソール X脚 内股 ソール 中敷 足底板














商品情報
【商品紹介】
日本人の足の形状に合わせて研究開発されたX脚インソール「リフリーラ」です。

日本人は、親指が1番長く外反母趾になりやすいエジプト型が多いのに対し、欧米人は、人差し指が1番長く先の細い靴を履いていても外反母趾になりにくいギリシャ型が多いです。

その為、欧米人の足の形状に合わせて設計されたインソールは、日本人の足の形状に適していないものが多く見受けられます。

そこで、日本人特有の幅広や外反母趾に着目し、O脚・X脚インソールを開発致しました。 かかとの傾きだけに着目するのではなく、足全体の構造(足アーチ)に着目する事で、着用時のひざへの負担軽減だけでなく、歩行バランスの改善も可能にしました。
【おすすめ POINT】
・着用時の歩行バランスを改善。
・優れた体圧分散でひざや腰への負担を軽減。
・かかとへの衝撃を吸収し、ひざへの負担を軽減。
・ハサミで切る必要がありません。
・薄くて軽いので疲れにくい!
・こだわりの消臭/抗菌/速乾性
・安心の滑り止め加工
サイズ21.5~22.0cm/22.5~23.0cm/23.5~24.0cm/24.5~25.0cm/25.5~26.0cm/26.5~27.0cm/27.5~28.0cm
素材表面:ポリエステル + 竹炭繊維、本体部:EVA、かかと部:TPU
使用上のご注意●初めて使用する場合、アーチ部分に違和感を感じる場合があります。感触を確かめ、短時間からご使用ください。
●大きさに多少余裕のある靴でご使用ください。窮屈な靴での使用は痛みを生じることがあります。
 ※着脱可能なインソールが入っている場合には、取り外してから本品をご使用ください。
●ヒールが極端に高い靴での使用はおやめください。
●用途以外でのご使用は、お避け下さい。
●直射日光を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。
●ご使用中に異常が現れた場合は直ちに使用を中止し、専門医等へご相談ください。
●本品は治療用ではありません。血行障害・糖尿病の方、足裏に傷・湿疹・腫れ物等のある方は専門医等に相談の上ご使用ください。
注意事項お客様のモニター環境によって、実際の商品と色合いが異なる場合がございます。
◇検索ワード:X脚インソール 内股 ソール 中敷 靴 グッズ ランキング

X脚 インソール 中敷 足底板 リフリーラ 【X脚補正】 リフリーラ インソール X脚 内股 ソール 中敷 足底板

水の未来は、地球の未来

続きを読む 

Industrial Automation to Industrial Autonomy:操業の自律化の現状とこれからの道のり

続きを読む 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

研究者と共に

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。

AIへの期待とIA分野での活用

必要なデータを取得して継続的にデータ解析をすることで、お客様の課題を解決する支援をします。


トップ